人気の格安航空、ジェットスターを使う時に気を付ける事

- 人気の格安航空、ジェットスターを使う時に気を付ける事

人気の格安航空、ジェットスターを使う時に気を付ける事

大手航空会社のさまざまな運賃割引サービスや格安航空券が簡単に入手できること、またLCCの台頭などにより国内の飛行機旅行も安く可能となりました。
特にLCCは安価で飛行機に乗る手段として若者を中心にして大いに人気を上げているのが現状です。

人気のLCC ジェットスター

そんな中、ジェットスターはLCC利用者の半数以上が利用する人気のLCCです。
ジェットスターは成田空港、関西空港、中部国際空港を拠点として16路線を運航しており、これは現存する日本のLCCの中で最も路線数が多いというメリットがあります。
また、運航本数も多いので搭乗時間の選択肢が増えるのもメリットに挙げられます。
もちろん運賃はJALやANAなど大手航空会社と比較してかなりお得です。
大手航空会社ではLCCに対抗して早期購入割引などを実施して航空チケットの大幅な値引きなどを行なっていますが、料金の上ではLCCにはなかなかかなうことは難しいのが実情です。

ジェットスターのデメリット


ただLCCには大手航空会社の飛行機を利用したサイトは異なる点が少なくなく、それらの多くはデメリットとされしばしばトラブルにもなっています。
たとえば、LCCはJALやANAなどと比較して座席間隔が狭い点です。
ジェットスターの場合、その点は通常のシートよりも20㎝ほど足元のスペースが少し広くなっている「エクストラ・レッグルームシート」を選ぶことで解消できます。
他にも座席が出入り口に近く到着時に他の乗客よりも早く降りることができる「アップフロント・シート」というものもあり、これらの指定は座席を予約する際に申し込みができます。
また、他のLCCと同様に機内サービスは有料ですが、食事内容や機内販売が充実しています。
オリジナルグッズやブランケットなども販売しているので、お土産代わりに購入する人もいます。

LCCについてしっかり認識することが必要

とはいえ、これらはすべてオプションとなるので利用するには別料金が発生します。
シートの選択は予約時に選ぶプランに組み込まれているものもありますが、それでもプランに料金が掛かります。
その他にもさまざまな点で支払いが生じます。
例を上げると、インターネット以外の電話や空港での予約、座席指定、機内預け荷物、さらに料金の振り込み手数料などです。
また、機内持ち込み荷物も非常に厳密で、少しサイズや重さが超過すると持ち込みできずに預け荷物となり、また料金が発生することとなります。
しかし、こういった点はLCC特有のことでジェットスターだけの問題ではありません。
したがって、LCCはどの航空会社であっても大手航空会社とは異なる点があることをしっかり認識しておくべきでしょう。
これらの点が不満である、けれどもなるべく安く飛行機に乗りたいというのであれば、大手航空会社の各種割引サービスを利用するか、格安航空券を探すしかないでしょう。

△PAGE TOP

Copyright © 2017 国内のパワースポット巡りも格安航空券を使えば旅費を節約できる! All Rights Reserved.